借金を圧縮するにはどうすればいい?

最終更新日:2017年10月14日09時03分

借金を圧縮するにはどうすればいい?

 

最初は少額でも積もり積もっていくといつのまにか巨大な額の借金になっていたという経験をお持ちの方もいると思います。

 

一度借金が多額に膨れ上がると、利子もかなりの額になりますから、毎月結構な金額を返済しているつもりでも、肝心の借金の残債は思ったよりも減らず、こんな返済が一体いつまで続くのだろうかと途方に暮れることもあろうかと思います。

 

そこで今回は、どうすれば借金を圧縮することができるのかをご説明します。

 

借金を圧縮する方法』として、大きくは3つが挙げられます。


 

(借金圧縮法その1)繰り上げ返済をして早く返す

 

まず最初に誰でも思い浮かぶ手段が「繰り上げ返済」でしょう。

 

例えば毎月2万円ずつ返済している人が、今月は余裕があるから4万円返済すれば、借金の残額から2万円多く減ることになります。

 

長期でみると早いうちから残額を減らしておくことが、利息を抑えるという意味で大きな効果を発揮し、結果的に借金の圧縮につながります。

 

しかし毎月の返済にやっとの経済状況の人にとっては、この方法は月々の出費を増やすことになりますので、あまり現実的ではないと言えます。

 

借金返済を早めるためにバイトや副業に精を出して、その結果体を壊してお金を稼げなくなってしまっては本末転倒です。

 

(借金圧縮法その2)借金を一本化する

 

次に、銀行やローン会社などいろいろな金融機関が提供している「おまとめローン」というサービスを利用する方法です。

 

これは、複数の業社から借金をしている人が、銀行などから借りたお金で一挙に借金を返済する方法です。

 

たとえば、A社から50万円、B社から150万円、C社から100万円借りている人の借金の合計額は300万円です。D銀行から300万円を借りて、すべての借金を返済するというわけです。

 

当然ながら、借金がなくなるというわけではなく、新たな借り先に一本化することになります。

 

メリットとしては、現在の借金よりも金利の低いおまとめローンを見つけることができれば、それだけ利息も減るので、長期的に見れば返済額を減らすことができます。

 

また、借金を一本化することにより、月々の支払日や振込先なども一本化されるので、借金をしている身としてはある程度精神的にゆとりが生まれるかもしれません。

 

とはいえ、借金の額自体が減るわけではないことに注意が必要です。

 

それに、おまとめローンの審査に通らなければもちろん一本化することは不可能です。

 

(借金圧縮法その3)債務整理をして重い金利から解放される

 

債務整理」という手段をご存知でしょうか?

 

先に紹介した2つの手段との大きな違いがあります。それは法律のもとに借金を整理するということ。そして、専門家が相談に乗ってくれて業社との間に立って交渉などを行ってくれることです。

 

債務整理にもいくつかの方法がありますが、共通して言えることは「大きな借金を圧縮して返済を楽にできること」「重い金利負担から解放されること」です。

 

業社によっては少しでも支払いが遅れたりすると電話や自宅訪問などされることもあります。いわゆる「取り立て」ですが、債務整理をすると、この取り立てが止まります。そして法律の専門家があなたに代わって業社と返済に向けた相談・交渉をしてくれるのです。どれだけ精神的に楽になるかは計り知れないでしょう。

 

借金がどんなに大きくなっても、法律は誰にでも平等に力になってくれます。借金が自分の手に負えない金額になっていると思ったら早めに法律事務所に相談するのがおすすめです。

(相談者数当サイトNO.1)債務整理するなら東京ロータス法律事務所がおすすめ!

債務整理 相談


東京ロータス法律事務所


東京ロータス法律事務所』は、

カツアゲが100以上の債務整理相談所を徹底リサーチして選び抜いた、

『当サイト1番人気』相談所です!

  • 無料相談可能
  • 分割・後払い可能
  • 初期費用0円
  • 債務整理費用が他事務所より安め
  • 24時間365日受付
  • 全国対応
  • 出張面談あり
  • 口コミ・評判が良い
  • 実績・経験が豊富
  • 弁護士法人

といったメリットがあり、

当サイトで1番人気があります。

お問い合わせ数も当サイトNO.1なので、

債務整理に強い相談所に相談したい!

という方は、

是非チェックしてみてください!

東京ロータス法律事務所のレビュー記事はこちら!


無料電話相談先:0120-569-025