親の借金は相続しなければ大丈夫!

最終更新日:2017年10月14日09時03分

親の借金は相続しなければ大丈夫!

親の借金

 

親の借金』が残っていたら、

 

相続人』はその責任を負わなければならないのでしょうか?

 

答えは『ノー』です。

 

『相続』を放棄すれば借金を相続しなくて済みます。

 

ただし『相続』を放棄してしまうと、

 

親の財産まで放棄しなければならなくなるので、

 

限定承認』という相続の仕方も知っておく必要があります。

 

『限定承認』とは、

 

借金の責任を相続した財産の限度で負う相続の仕方のことを指します。

 

『限定承認』をすれば、

 

親の財産も相続することができるのでとても便利です。

 

ということで、

 

親の借金も財産も放棄したい方は『相続放棄』…

 

親の財産を限度に借金も相続したい方は『限定承認』…

 

どちらも相続したい方は『単純承認』を選択するようにしてください。


 

親の借金は相続しなきゃいけないのか?

 

子供は亡くなった親の第一順位の相続人になります。

 

そのため、

 

亡くなった親の配偶者とともにその遺産を相続することになります。

 

ただ、親の借金もその遺産に含まれるので、

 

遺産を相続するかどうかは相続人の自由になります

 

『死んだ親の借金を子供が肩代わりするのは当たり前』

 

といって支払いを強要する人も中にはいますが、

 

相続しない限りは法的責任は生まれないので鵜呑みにしないようにしましょう。

 

相続を止める手続きとは?

 

【遺産相続の流れ】

亡くなった親(被相続人)

相続人

被相続人の死亡を知った後、

 

相続放棄も限定承認もせずに

 

3か月が経過したとき

単純承認
(被相続人の遺産も借金も相続する)

相続開始のときから3か月以内に

 

相続人全員が共同して家庭裁判所に申述

限定承認
(相続した借金の責任を、相続した財産を限度に負う)

 相続開始のときから3か月以内に

 

相続人が個別に家庭裁判所に申述できる

相続放棄
(被相続人の遺産も借金もすべて放棄する)

 

被相続人の『遺産』と『借金』を相続する手続きには、

 

相続放棄』『限定承認』の2つがあります。

 

※『単純承認』は手続きする必要がないので、ここでは省きます。

 

『借金も含めた資産をすべて放棄するなら相続放棄』

 

『相続財産を限度に借金の責任を負うなら限定承認』

 

という流れで選んでいきます。

 

どちらの手続きを踏むかを決めたら『家庭裁判所』に出向き、

 

書面での手続きをすることになります。

 

※『単純承認』を選ぶのであれば、

 

3か月が過ぎるのを待ちましょう。

 

『親の死後』3か月以内に手続きをしないと相続放棄はできませんか?

 

『悪質な業者』の中には、

 

亡くなった親が借金をしていたという事実を家族に知らせず、

 

『3か月』が過ぎた後に、

 

『期間が過ぎたのでもう相続放棄はできません』という業者がいます。

 

もちろん、その業者の言い分は通らないので安心してください

 

正確には『相続の開始があったことを知ったときから3か月以内』なので、

 

親の借金に気づかないまま相続するということはあり得ません。

(相談者数当サイトNO.1)債務整理するなら東京ロータス法律事務所がおすすめ!

債務整理 相談


東京ロータス法律事務所


東京ロータス法律事務所』は、

カツアゲが100以上の債務整理相談所を徹底リサーチして選び抜いた、

『当サイト1番人気』相談所です!

  • 無料相談可能
  • 分割・後払い可能
  • 初期費用0円
  • 債務整理費用が他事務所より安め
  • 24時間365日受付
  • 全国対応
  • 出張面談あり
  • 口コミ・評判が良い
  • 実績・経験が豊富
  • 弁護士法人

といったメリットがあり、

当サイトで1番人気があります。

お問い合わせ数も当サイトNO.1なので、

債務整理に強い相談所に相談したい!

という方は、

是非チェックしてみてください!

東京ロータス法律事務所のレビュー記事はこちら!


無料電話相談先:0120-569-025